赤外線を周期的に(矩形波で)出力するモジュールを作る

現在作成中である射的ゲームの銃ユニット用に、赤外線を周期的に(矩形波で)出力するモジュールを作成する。 電源 まず必要な電圧・電流を調べる 今回使う赤外線LED → 5mm赤外線LED 940nm OSI5FU5111C-40 (5個入): LED(発光ダイオード) 秋月電子通商-電子部品・ネット通販 赤外線LEDの絶対最大定格 最大順方向電流 If : 100mA 赤外線LEDの電気的特性 順方向電圧 : If=100mAの時 代表値 1.35V、 最大値 1.6V If=100mAとなっているが(なかなか高出力…)、50%の50mAが流れるように設計する。 電源の選定 50mA流しても大丈夫 + 1.35V以上を確保できる電源を選ぶ。 値段等も考えると、1000円でバッテリー+電池保護+電源管理がついてるPowerCが自分にとって使いやすそう。 M5StickCは使わないので、BATピンだけ活用する。 PowerCの給電周りの仕組みについては公式ドキュメントとM5StickCのバッテリー拡張HATをためす – Lang-shipを参考にさせていただいた。 安定化 定電圧をとるために3端子レギュレータをかます。 低飽和型レギュレーター 3V500mA NJM2884U1-03: 半導体 秋月電子通商-電子部品・ネット通販とかでよさそう。 → ip3005のデータシートによると2.5V付近まで落ちるみたいなことが書いてあるので、これだとバッテリ残量少ないときダメそう。 秋月で買えるやつでベストそうなのは低ドロップレギュレーター 2.5V1.5A LT1963AES8-2.5: 半導体 秋月電子通商-電子部品・ネット通販。これを使う。 だいぶいいやつなので高い…(1個200円)。 赤外線出力 矩形波生成 矩形波(方形波)発生回路の理論的な理解 - 電子工作で覚える!電子回路を参考にさせていただく。 上記サイト中の式 $$ T = 1.386 \times C_1R_4 $$ において、\(C_1 = 0.1 \mu F\)に固定した場合、...

June 21, 2020 · 1 min

elecrow発注用zipファイル作成ソフト(KiCad向け)を作った

elecrowへプリント基板を発注する際に必要なファイル変換作業をソフトで自動化した。 作成ソフト 動作OS:Windows 開発環境:Visual Studio 2017 以下のGitHubのページから実行ファイルをダウンロードできる。 https://github.com/kouya17/KiCadHelper/releases (ページ中のAssets内KiCadHelper.zipをクリック) 本ソフトが代替する作業 本ソフトは以下書籍(KiCadではじめる「プリント基板」製作)中のp131-p133の作業を代替する。 KiCadではじめる「プリント基板」製作 外川貴規 工学社 2018年02月 売り上げランキング : 楽天ブックスで購入Amazonで購入 by ヨメレバ 具体的には以下の処理を行う。 製造ファイル・ドリルファイルのファイル名統一 拡張子の変更(.drl→.txt、.gm1→.gml) 必要ファイルをzipに圧縮 各ファイル及びzipファイル名は「elecrow-プロジェクトフォルダ名-日付」となる。 zip圧縮前のフォルダはプロジェクトフォルダ下に残る。 使い方 ソフトを起動する プロジェクトフォルダに、すでに製造ファイル・ドリルファイルを出力済みのKiCadプロジェクトのフォルダを指定する zipファイル出力先に、発注用のzipファイルを出力する場所を指定する 開始ボタンを押す 画面下部にログが表示され、処理中にエラー等があればエラーログが出力される。

October 6, 2019 · 1 min