Raspberry Pi Zero W を使ってタイムラプス生成デバイスを作成する

デモ 本デバイスは以下の動画のように操作できる。 操作時の動画は以下のような感じです。 pic.twitter.com/7l2ocbjlh1 — 青木晃也 (@aoki_kouya) March 20, 2022 本デバイスを使うと、以下のサイトにあるような動画を生成できる。 動画の出力条件のうち、主な項目は以下の通り。 再生速度: 30倍速 fps: 30 bps: 3Mbps HLS形式 音声なし 料理の動画を掲載しているのは、特に他にコンスタントに撮影できる対象が考えつかなかったため。これらの動画の撮影のために、3Dプリンターでプリントした部品を使ってラズパイとカメラを固定し、台所上部に吊り下げている。 Raspberry Pi Zeroを使って、思い付きでタイムラプスカメラを作りました。 pic.twitter.com/w1fCBfPVzm — 青木晃也 (@aoki_kouya) March 5, 2022 確認済み動作条件 ボード Raspberry Pi Zero W OS Raspberry Pi OS(Legacy) 2022-01-28 現時点(2022/03/21)で推奨OSとなっているRaspberry Pi OSはbullseye版だが、buster版(Legacy)の方を使う。これは、ffmpeg(今回利用するマルチメディア処理ソフト)まわりの環境がbullseye版とbuster版で異なっているため。bullseye版を利用する場合、ハードウェアエンコードを有効にするために、ffmpegをビルドする必要が出てくる。 必要な部品 Raspberry Pi Zero W (スイッチサイエンス) microSDカード (Amazon) Raspberry Pi カメラモジュール (スイッチサイエンス) Raspberry Pi Zero用カメラケーブル (スイッチサイエンス) ELECROW 3....

March 21, 2022 · 1 min