Maker Faire Tokyo 2022に出展した

Maker Faire Tokyo 2022に出展してきた。Maker Faire Tokyoは初参加になる。 出展内容 「固定砲台型射的ゲームHODAI」と「中に入っているものを記録・検索できる棚SShelf」を展示した。それぞれの展示について、以下詳細ページを作成している。 固定砲台型射的ゲームHODAI https://home.lchika.club/posts/hodai-system SShelf https://home.lchika.club/posts/sshelf 展示時のレイアウトは以下のようにした。展示スペースの大部分を「固定砲台型射的ゲームHODAI」が占めている。的ユニットと砲台ユニットについては展示スペース後方に設置した折りたたみテーブルの上に乗せている。 設営完了しました。#MFTokyo2022 pic.twitter.com/ZErMsK1kV3 — 青木晃也 (@aoki_kouya) September 3, 2022 「固定砲台型射的ゲームHODAI」について、スコアデータを取っているのだが、2日間で177個のスコアが作成された。ゲーム中の時間を説明の時間に充てた方もいるので、スコアデータの数=遊んでくれた回数にはならないが、たくさんの回数、ゲームを遊んでいただけた。 ついでに本日の固定砲台型射的ゲームHODAIのスコアのヒストグラムも掲載。本日パーフェクト(12点)を記録した方はいませんでした。 pic.twitter.com/3lubvcdyEH — 青木晃也 (@aoki_kouya) September 4, 2022 今回の展示に関して、振り返りを以下にまとめる。 今回の展示に関して良かったこと 致命的な故障は発生しなかった。 初日に通信部のソフト不具合でシステムの再起動が数回必要になった。 初日終盤にサーボ(SG90)が1個怪しい挙動になったが、初日終了後に予備と交換し解消した。 2日目終盤に砲台とLCDの接続が若干怪しくなったが、再起動で解消できた。 総じて長時間のメンテナンスが必要になる事態は起きなかった。 説明動画を作成することで説明の時間を一部省けた。 モニターで説明動画を流すことで、結構な人が目を通してくれた。 今回の展示に関して良くなかったこと 展示の詳細説明サイトを作成したが、QRコードを読みこんでくれる方はほぼいなかった。 来場者の方に「QRコードを読みこんでもらう」というのは大分ハードルが高いらしかった。 SShelfの方は体験するために「スマホを特定のSSIDにつなぐ」必要があるのだが、こちらもかなりハードルが高かったと思う。 「体験できるものかどうか」が一目で分かるような展示になっていなかった。 一応「遊べる」というのが今回の展示の特徴の1つではあるのだが、その特徴が一目では分かりずらい展示になっていたと思う。 2日目は"遊べます"というポップを置いたことで、若干来場者の方の反応が良くなった(気がする)。 ルール説明が大変だった。 出来るだけシステムの自動化はしているのだが、細かいルール説明は人力になるので、そこの労力が必要になった。 荷物が多かった。 ワンオペなのに無茶した。 けど一応やり切れたので多少の自信にはなった。 他の方の展示のレポート 事前に気になっていた展示を絞り込んで、2日目午前の間に見学した。展示レポートを以下にまとめる。...

September 10, 2022 · 1 min

今年(2020年)作ったものを振り返る

今年もあっという間だったがもう終わるらしい。この1年で周りの環境は急激に変わった。ただ、自分の趣味のモノづくり周りについては、やってることは特に去年と変わらず、自分の作りたいものを作るという感じだった。 ついでに過去の振り返りもリンクを貼り付けておく。 今年(2019年)作ったものを振り返る | kouya17.com 今年作ったもの 去年11月~2月 ボール収集ロボの作成 色が付いたボールを所定の場所に集めるロボコンのようなものに参加する機会があったので、作成した。 機体は3Dプリンタで作成し、ラズパイ4とラズパイ用カメラを搭載している。カメラからの画像を処理し、所定の色のボールを認識し、ボールに近づく。ボールにある程度近づいたらボールを確保する。 機体の写真を以下に載せる。 機体上部に謎の模様があるのは、より広い範囲が見えるカメラが取り付けられているJetsonNanoから機体を制御するため。JetsonNanoは機体の向きを確認し、ソケット通信によって機体に指令を送る。 できたもの 関連記事 カメラ画像から対象物の向きを検出する(OpenCV) | kouya17.com 2月~4月 所属サークルのHP作成 Laravelの勉強がてら、HPを作成した。初めてVue.jsを使ってSPAを作成したこともあり、フロントエンドとバックエンドの分離についての理解を深めることができた。 画面デザインやリソースの構造についてあまりしっかり検討せずに進めてしまったのが少し心残りではある。特にリソースの構造については、現状、記事を作品カテゴリとコラムカテゴリにカテゴリ分けしているのだが、特にカテゴリ分けの意味がないという問題がある。ここについては何とか出来たんじゃないかなと思っている。 できたもの 関連記事 Laravel+Vue.jsでLighthouseのスコアを0点から97点にした(バンドルサイズ削減) | kouya17.com Laravel+Vue.jsでSPA(シングルページアプリケーション)を作成した | kouya17.com Vue.jsを使ったSPAにおいてTwitter等でのリンク表示がいい感じになるようにする | kouya17.com 3月~ 射的ゲーム作成 今年の大部分はこの作業をしていた。昨年から引き続きこの作業はしているが、まだしっかりとした形にはなっていない。来年にはどこかで公開できるようにしたい。 できたもの まだ公開できるものはなし。 関連記事 マトリクスLEDドライバを使ってフルカラーLEDを制御してみる | kouya17.com 赤外線を周期的に(矩形波で)出力するモジュールを作る | kouya17.com 5月 感染シミュレーション用プログラムの作成 学生時代に勉強していた数値計算の復習がてら、感染シミュレーション用のプログラムを作成した。 SEIRモデルという単語は結構色んなところで見かけるようになったので、ここで少し勉強して、理解を深めておいて良かったと思っている。 できたもの 関連記事 感染症数理モデルについて触りの部分だけ学ぶ | kouya17.com 都道府県間通勤・通学を考慮したパンデミックシミュレーションもどき | kouya17.com 全国規模の感染シミュレーションと結果の可視化をしてみる | kouya17.com 10月 換気状況モニタの作成 感染症関連で何か作れないか考え、二酸化炭素濃度モニタを作成した。こういった環境モニタ系はもっと利用シーンが増えると思っていた(店舗が換気状況のアピールに使う等)のだが、今のところあまりそういった(利用シーンが増えた・よく見かけるようになった)実感はない。...

December 30, 2020 · 1 min

今年(2019年)作ったものを振り返る

今年もあっという間だったがもう終わるらしい。 この1年で作った物の振り返りをしたいと思う。 今年作ったもの 1月~2月 ロボサッカー用ロボ作成 2月終わりごろにロボカップジュニア同等のルールのロボコンに出る機会があり、プログラムの一部作成を担当した。 ロボの構成は大体以下の通り。 機体はLEGOのマインドストーム 赤外線センサでボールの位置を検出 ラズパイを使って、カメラからの画像を解析しゴール位置を検出 3人でチームを組んでおり、進捗管理ツールとしてtrello、情報共有ツールとしてslack、ソースコード管理ツールとしてGitHubを使った。 trello、slackあたりはあまり活用できなかったが、GitHubはやはり便利だなと思った。 できたもの マインドストーム側プログラム(GitHub) ラズパイ側プログラム(GitHub) 3月~7月 イライラ棒作成 私が所属している電子工作サークル「メカトロ同行会エルチカ」の作成物として、イライラ棒ゲームを作成した。基本的にプログラム部分を担当した。上の写真はNT名古屋出展時のもの。 この作品では以下のように色んな機器の通信を試してみた。 ArduinoとPCの通信(USBシリアル通信) PCとラズパイの通信(HTTP) PCとESP32の通信(HTTP) ラズパイとwebアプリの通信(HTTP) 色んな機器を連携させる作品を初めて作ってみたが、どれか一つが動かないと全部ダメになる仕組みに一部なってしまった。 できたもの イライラ棒wikiページ スコア表示用ソフト(GitHub) 結果プリント用ラズパイプログラム(GitHub) スタートモジュール用プログラム(GitHub) ゴールモジュール用プログラム(GitHub) イライラ棒結果ランキングページ 4月 github.ioページ公開 github.ioを使ってwebページを公開した。なお、現在更新はしていない。 できたもの github.ioページ 8月 KiCad用ツール作成 KiCadを使う機会が多くなってきたので基板発注用の簡単なツール(Windowsアプリ)を作ってみた。 こちらの記事で少し内容について紹介している。 できたもの KiCadHelper(GitHub) 8月~ 射的ゲーム作成 赤外線を使った射的ゲームを現在も作成中。同じようなものを以前一度作成していて、今回は複数人プレイに対応させる予定。 できたもの 鋭意諸々作成中 今年を振り返ってみて 今年は電子工作に割ける時間が結構多かった。ただこうして振り返ってみると、かけた時間に比べ、出来上がった物の量がいまいち物足りないな…と思う。

December 28, 2019 · 1 min